音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ジョン・ダウランド 【John Dowland】 (1563-1626)

 

ジョン・ダウランド(John Dowland, 1563年-1626年2月20日)は、イギリスの作曲家でリュート奏者であり、1588年にオックスフォード大学で音楽学士となりました。

 

宮廷リュート奏者を望みますが自身がカトリック教徒であったため、イングランド国教会の英国では受け入れられず海外に職を求めました。

 

ニュルンベルク、ヴェネツィア、フィレンツェなどヨーロッパ各地を遍歴し、1598~1606年にはデンマークでクリスチャン4世付きのリュート奏者を務めました。

 

1606年にイギリスへ戻り1612年に国王付きのリュート奏者となり、ダウランド自身はその名のもじりである "semper dolens"(常に嘆いている)を標榜しましたが、陽気な人間であったと伝えられています。

作品は声楽とリュート音楽に分類され、宗教的な楽曲は殆ど見当たらず、愛や悲しみを歌う通俗作品が特徴的です。

 

声楽は世俗曲であり、1597年、1600年、1603年に歌曲集が出版され、80以上の作品が残されています。『流れよ我が涙』(Flow my tears)は当時の最も高名な歌でした。

 

リュート音楽は、ファンタジアやパヴァーヌ・ガリヤード・ジグなどの舞曲を含む独奏ないし合奏の曲であり、ダウランドの作品は広くヨーロッパで愛好され、多くの作曲家が彼のメロディーを基にして舞曲を残しました。

 

文学においても『流れよ我が涙』がSF作家フィリップ・K・ディックにより、小説『流れよ我が涙、と警官は言った』のモチーフとして参照されています。

 

2006年にポップス界の大御所スティングが、ダウランド作品集『ラビリンス』(Songs from the Labyrinth)を発表して注目されました。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索