音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

涙のパヴァーヌ (流れよ、わが涙)

 

 

後期ルネサンスのリュート曲の傑作

 

ジョン・ダウランドはイギリスを代表するリュート奏者の作曲家で、後期ルネサンス時代に活躍しました。

 

後期ルネサンス時代以前のリュートは、主に伴奏用で用いられていましたが、ダウランドが活躍したルネサンス時代の後期には、独立した楽器として演奏用で使用されるようになりました。

 

ダウランドが作曲した「涙のパヴァーヌ」は元々は歌曲でしたが、後にダウランド自身がリュート独奏用に編曲しました。

 

リュート

 

 

弦が2本1組で張られていて、深みや厚みのある音色が特徴的な楽器です。現代では、リュート曲の殆どがクラシック・ギターで代用されています。

 

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索