音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

アントニオ・ヴィヴァルディ 【Antonio Lucio Vivaldi】 (1678-1741)

 

 

アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi, 1678年3月4日 - 1741年7月28日)は、ヴェネツィア出身のカトリック司祭、バロック末期の作曲家で作品は通常RV番号で整理されます。

 

イタリアのヴェネツィアに生まれ、オーストリアのウィーンで没しました。サン・マルコ大聖堂付きオーケストラの一員であった理髪師でヴァイオリニストの父親からヴァイオリンを学び、10歳より教会付属の学校に入り25歳で司祭に叙階されます。赤毛であったことから「赤毛の司祭」と呼ばれるようになりました。

 

司祭になった年にヴェネツィアのピエタ慈善院付属音楽院 (Ospedale della Pietà) でヴァイオリンを教え始め、1年後にはヴィオラ・アッリングレーゼも教え始めます。

 

後に宮廷の「楽長」にあたるフルタイムの「合奏長」ではなく、パートタイムの「協奏曲長」として多くの器楽曲、また時には宗教曲までピエタに提供しリハーサルする義務を負いました。

 

一方、オペラ作曲家としての名声もしだいにゆるぎないものになり、ヴァイオリンの無類のヴィルトゥオーソとしての演奏旅行の他に、オペラ上演のためにヨーロッパ各地を回りました。

 

彼の残した作品は死後長らく忘れられた存在でありましたが、20世紀に入り多くの作品が再発見され再評価されることになりました。

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索