音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ヨハン・セバスチャン・バッハ 【Johann Sebastian Bach】 (1685-1750)

 

 

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685年3月21日(ユリウス暦) - 1750年7月28日)は、18世紀に活動したドイツの作曲家。

 

音楽史上における存在の大きさから「音楽の父」と称されることもあり、ベートーヴェン、ブラームスと共に“ドイツ三大B”と呼ばれます。

 

バッハ一族は音楽家の家系で、その他のバッハとの混乱を避けるためにJ.S.バッハと略記することがあり、またバッハ家でもっとも偉大であるという意味で大バッハという呼び名も古くから使われます。

 

バッハ家はドイツ中部テューリンゲン地方で、代々音楽を職業とした一族であり、約2世紀半の間にバッハ家が輩出した音楽家は約60人に達し、遺伝学の研究対象とされたこともあります。

バッハは幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけました。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽というバロック音楽に共通して見られるものですが、特に対位法的要素を重んじる傾向は強く、当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させたものです。

 

従ってバロック時代以前に主流であった対位法的なポリフォニー音楽と、古典派時代以降主流となった和声的なホモフォニー音楽という2つの音楽スタイルにまたがり、結果的には音楽史上の大きな分水嶺のような存在となっています。

 

バッハはドイツを離れたことはありませんでしたが、勉強熱心で幅広い音楽を吸収し、とりわけ古典派のソナタにも比すべき論理性と、音楽性を持つフーガの巨匠として名高い存在です。

 

現代においてもなお新鮮さを失うことなく、ポップスやジャズに至るまであらゆる分野の音楽に応用され、多くの人々に刺激を与え続けています。

 

メヌエット

 

変奏曲

 

受難曲

 

ソナタ

 

フーガ

 

無伴奏

 

カンタータ

 

組曲

 

協奏曲

 

 

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索