音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043 第3楽章

 

 

 

バロックのヴァイオリン音楽の一大作品

 

第3楽章は二つのソロと合奏部が見事に協調する楽章で、いかにも協奏曲といった印象が感じられ、第1楽章と同様にニ短調で書かれていますが、暗さを感じさせない快活な音楽になっています。

 

技法としては主題の完結を待たずに追奏するストレットが多く用いられ、まず第一ソロで弾かれる活発な旋律を一拍遅れで第二ソロが追いかけます。

 

合奏部の合の手を挟みながら第一ソロが弾くのが主題で、これは追奏も発展もなしに冒頭の旋律へと戻ります。

 

トゥッティとなって発展したあと、第一ソロに始まる独奏部の技巧的な掛け合いとなり、主題を展開・発展させていきます。

 

独奏同士となったり協調し合ったり、あるときは反発しながら曲を盛り上げ、転調を重ねて発展したあと、冒頭の旋律のトゥッティとなって力強く終わります。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索