音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

フルートソナタ第2番 変ホ長調 BWV1031 第2楽章 《シチリアーノ》

 

 

 

気品溢れる名旋律で単独でも取り上げられる超名曲

 

『フルートソナタ第2番』は、第2楽章に単独でも取り上げられる「シチリアーノ」があることで有名なフルートのためのソナタです。

 

「シチリアーノ」は、一度聴くと忘れられない気品溢れる名旋律の有名曲で、広く親しまれている楽曲です。

 

一方で、バッハの真作ではないということが論議されてきた問題の楽曲で、後々の研究からバッハの「シチリアーノ」は、彼の息子か弟子の作品という見方もされています。

 

真偽のほどは定かではありませんが、このソナタは息子エマヌエルの遺産目録にも、J.S.バッハの作品として筆写譜が残されていますので、スタイルとしてJ.S.バッハの作品に相応しくないとしても、それだけの理由では偽作と断定できない面があるのです。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索