音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル 【Georg Friedrich Händel】 (1685-1759)

 

 

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Händel, 1685年2月23日 - 1759年4月14日)は、ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。

 

イギリスに帰化していることやイギリスでの活動歴のほうが長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデル(ハンドル、ヘンドル、George Frideric Handel)と呼び、イギリスの作曲家として扱うべきという意見(少なくともイギリスではそう扱われている)もありますが、日本ではもっぱらドイツ名で知られドイツの作曲家として扱われるのが通例です。

 

バッハが主として教会の礼拝で用いる音楽(教会音楽)で活躍したのに対し、ヘンデルはオペラや(劇場用の)オラトリオなど、劇場用の音楽で本領を発揮しました。

 

特にオラトリオ《メサイア(救世主)》は曲中に有名な「ハレルヤ・コーラス」を含み、今日でも非常に有名で、またオラトリオ《ユーダス=マカベウス(マカベウスのユダ)》中の合唱曲「見よ、勇者は帰る」は、優勝者を称える曲・表彰状授与のBGM(得賞歌)として日常的に用いられています。

オペラ《クセルクセス(セルセ)》中の「オンブラ・マイ・フ(懐かしい木陰よ)」は、「ヘンデルのラルゴ」とも呼ばれて親しまれ、その他オペラ《ジュリアス・シーザー》、オラトリオ《エジプトのイスラエル人》、《リナルド》の中のアリア「私を泣かせてください」なども知られています。

 

オペラ、オラトリオや世俗カンタータの他、管弦楽曲としては管弦楽組曲《水上の音楽》《王宮の花火の音楽》が有名。

 

また、合奏協奏曲、室内楽、オルガンやチェンバロのための作品があり、サッカー・UEFAチャンピオンズリーグの入場曲《UEFAチャンピオンズリーグ賛歌(UEFA Champions League Hymne)》は、《司祭ザドク(Zadok the priest)》を原曲としてアレンジしたものです。

 

オラトリオ

 

歌劇

 

組曲

 

協奏曲

 

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索