音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

アレッサンドロ・マルチェッロ 【Alessandro Marcello】 (1669-1747)

 

 

アレッサンドロ・マルチェッロ(またはマルチェルロとも、Alessandro Marcello, 1669年8月24日 - 1747年6月19日)は、数学者・哲学者・音楽家として多分野にわたって活躍したイタリア人貴族。弟のベネデットも作曲家。

 

今日ではバロック・コンチェルトの作曲家として有名で、アレッサンドロ・マルチェッロは度々偽名「エテリオ・スティンファリーコEterio Stinfalico」を用いて、《12のカンタータ》作品1のほか数冊のコンチェルト集を出版しました。

 

今日ではその作品はめったに演奏されなくなっていますが、生前のアレッサンドロは卓越した作曲家として著名であり、代表作の一つ《オーボエ協奏曲ニ短調》はバッハによってチェンバロ曲(BWV974)に編曲されました。

 

この他の作品としては、《ヴァイオリン協奏曲集「ラ・チェトラ」》や《リコーダー・アンサンブルと弦楽器、通奏低音のための協奏曲ト長調》などがあります。

 

《オーボエ協奏曲ニ短調》は中間楽章が映画「ベニスの愛」において使われ、再び脚光を浴びるようになりました。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索