音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

エトムント・アンゲラー 【Edmund Angerer】 (1740-1794)

 

 

エトムント・アンゲラー(Edmund Angerer、1740年5月24日 - 1794年8月7日)は、世界的に有名な『おもちゃの交響曲』を作曲したオーストリアの作曲家、神父。

 

なお名前の現地での発音はおよそ「エットムント・アンガラー」であり、日本語での表記法としては「エドムント・アンゲラー」も通用します。

 

エトムント・アンゲラーは1740年、オーストリアのチロル地方の田舎町サンクト・ヨハン(de:St. Johann)に生まれ、父は小学校の教師で地元の合唱団の指導者でもあったシュテファン・アンゲラー。

 

父から音楽の手ほどきを受け、さらにインスブルック郊外の町ハルの児童合唱団に入団。1758年にベネディクト会修道士としてインスブルックから東に30キロほどの町、フィーヒト(de:Fiecht)のフィーヒト修道院に入り、当地で合唱指導者、オルガン奏者、音楽教師として働きます。

 

エトムント・アンゲラー神父は、当地で数多くの教会作品やオペレッタ、音楽劇を作曲し、尊敬と名声を得て1794年に同院内で亡くなります。

エトムント・アンゲラーの名前が歴史に恐らく初めて登場したのは、彼の死後2世紀を経た1992年であり、それはチロル地方シュタムス修道院(de:Stift Stams)の音楽蔵書の中から、1785年頃に当院の神父シュテファン・パルセッリ(Stefan Paluselli,1748年 - 1805年)が写譜した『おもちゃの交響曲』のスコアーが発見されました。

 

そこには同じくチロル出身で、今日全く忘れ去られた作曲家エトムント・アンゲラーが1770年頃に作曲したと記されていました。

 

またタイトルとして "Berchtolds-Gaden Musick"(「ベルヒテスガーデンの玩具店製のおもちゃを使った音楽」といった意味の造語)が付けられており、おもちゃ以外の弦楽器の編成としてヴァイオリン、ヴィオラ、バス(Violino, e Viola, con Basso)と記されていました。

 

上記の事実からかつてヨーゼフ・ハイドン、ミヒャエル・ハイドン、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、レオポルト・モーツァルトの作品ではないかと諸説唱えられていた『おもちゃの交響曲』の真の作曲家は、アンゲラーであることが最有力とされています。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索