音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

クリストフ・ヴィリバルト・グルック 【Christoph Willibald (von) Gluck】 (1714-1787)

 

 

クリストフ・ヴィリバルト・グルック(Christoph Willibald (von) Gluck, 1714年7月2日 - 1787年11月15日)は現在のドイツに生まれ、現在のオーストリアとフランスで活躍したオペラの作曲家。

 

バレエ音楽や器楽曲も手懸けましたが、現在では歌劇《オルフェオとエウリディーチェOrfeo ed Euridice 》によって、中でも間奏曲〈精霊たちの踊り〉によってとりわけ有名。

 

オペラの改革者として歴史に名を残しますが、ドイツ語オペラは1作も書いていません。35曲ほどの完成されたオペラといくつかのバレエ音楽と器楽曲があり、ベルリオーズはグルックの心酔者であり重要な影響を受けています。

 

「精霊の踊り」(または「精霊たちの踊り」)は、オペラの第2幕第2場で天国の野原で精霊たちが踊る場面で演奏される有名な楽曲で広く知られています。

後にヴァイオリニストのフリッツ・クライスラーがヴァイオリン用に編曲し、「メロディ」というタイトルで作曲しましたがこれも知られています。

 

ピアノ用の編曲は、ジョヴァンニ・ズガンバーティとヴィルヘルム・ケンプによる二つが一般的に演奏会で使用されています。

 

中間部に哀調を帯びた旋律を持つ3部構造の清楚で優雅な趣を備えており、旋律はオペラから独立してフルートの曲として現在も演奏されています。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索