音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン 【Franz Joseph Haydn】 (1732-1809)

 

 

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn, 1732年3月31日 ニーダーエスターライヒ州ローラウ(Rohrau) - 1809年5月31日 ウィーン、但し遺体はアイゼンシュタット)は、古典派を代表するオーストリアの作曲家。また、弟ミヒャエル・ハイドンも作曲家として名を残しています。

 

沢山の交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれ、弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられています。

 

元来この曲「皇帝讃歌」は、ハイドン自身がオーストリア政府高官への働きかけにより、ハイドン自身がオーストリアの嘱託を受けて作曲した歌曲。

 

生涯の大半はエステルハージ家に仕えていて、そのために作られた曲もかなりあり、この時に他の音楽家との交流や流行の音楽との接触が無かったため、徐々に独創的な音楽家になっていきました。

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索