音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 【Ludwig van Beethoven】 (1770-1827)

 

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(独: Ludwig van Beethoven, 1770年12月16日ごろ - 1827年3月26日)はドイツの作曲家で、クラシック音楽史上極めて偉大な作曲家の一人とされます。

 

その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされていて、ベートーヴェンの音楽界への寄与は甚だ大きく、彼以降の音楽家は大なり小なり彼の影響を受けています。

 

ベートーヴェン以前の音楽家は、宮廷や有力貴族に仕え、作品は公式・私的行事における機会音楽として作曲されたものが殆どでした。

 

ベートーヴェンはそうしたパトロンとの主従関係(及びそのための音楽)を拒否し、大衆に向けた作品を発表する音楽家の嚆矢となりました。

 

音楽家=芸術家であると公言した彼の態度表明、また一作一作が芸術作品として意味を持つ創作であったことは、音楽の歴史において重要な分岐点であり革命的とも言える出来事でした。

ベートーヴェンはカトリックでしたが敬虔なキリスト教徒とは言えず、『ミサ・ソレムニス』の作曲においてさえも「キリストなどただの磔(はりつけ)にされたユダヤ人に過ぎない」と発言しました。

 

ホメロスやプラトンなどの古代ギリシア思想に共感し、バガヴァッド・ギーターを読み込むなどしてインド哲学に近づき、ゲーテやシラーなどの教養人にも見られる異端とされる汎神論的な考えを持つに至りました。

 

彼の未完に終わった交響曲第10番においては、キリスト教世界とギリシア的世界との融合を目標にしていたとされ、これはゲーテが『ファウスト』第2部で試みたことでしたが、ベートーヴェンの生存中は第1部のみが発表され、第2部はベートーヴェンの死後に発表されました。

 

権威にとらわれない宗教観が『ミサ・ソレムニス』や交響曲第9番につながりました。

 

交響曲

 

序曲

 

協奏曲

 

ソナタ

 

弦楽四重奏曲

 

ミサ曲

 

メヌエット

 

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索