音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

交響曲第7番 イ長調 Op.92 第3楽章

 

 

軽快で遊び心あふれる巧みなスケルツォ

 

「交響曲第7番」の初演は、完成の翌年の1813年4月20日、まずは非公開でルドルフ大公の邸で行われました。

 

公開の初演は同年12月8日にウィーン大学の講堂にて、ベートーヴェン自身の指揮のもと、「ウェリントンの勝利」などと併せて行われました。

 

『ウェリントンの勝利』の方が聴衆の受けは良かったとされていますが、「第7番」も第2楽章がアンコールを求められるなど、初演は成功のうちに終わりました。

 

その後も12月12日、翌年1月2日、2月27日と立て続けに再演が行われ、4度目の2月27日の演奏会は「交響曲第8番」の初演と併せて行われました。

 

第3楽章はスケルツォで書かれており、ヴァイオリンのオルガン・ポイントを効かせたトリオはニ長調に転じ、テンポもプレストとなり、とても軽快で且つ巧みに作られています。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索