音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

カール・マリア・フォン・ウェーバー (1786-1826)

 

 

カール・マリア・フリードリヒ・エルンスト・フォン・ヴェーバー(Carl Maria Friedrich Ernst von Weber, 1786年11月18日 - 1826年6月5日)は、ドイツのロマン派初期の作曲家、指揮者、ピアニスト。名前は一般には上記のドイツ読みとウェーバーという表記が混在して用いられています。

 

モーツァルトによるドイツオペラの伝統を継承し、自らの『魔弾の射手』によってドイツ・ロマン派のオペラ様式を完成、そしてヴァーグナーへと流れを導いた作曲家として名高い。

 

わずか11歳で初めてのオペラを作曲し、『魔弾の射手』や『オベロン』などのオペラほか、『舞踏への勧誘』などの器楽曲も残します。

 

また、彼はオーケストラの配置を現在に近い形に直したり、指揮棒を初めて用いた人物としても知られます。モーツァルトの妻コンスタンツェは父方の従姉にあたります。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索