音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

イサーク・アルベニス 【Isaac Manuel Francisco Albéniz】 (1860-1909)

 

 

イサーク・マヌエル・フランシスコ・アルベニス(Isaac Manuel Francisco Albéniz, 1860年5月29日 - 1909年5月18日)はスペインの作曲家・ピアニスト。

 

スペイン民族音楽の影響を受けたピアノ音楽の作曲で知られ、カタルーニャのカンプロドンでスペイン系ユダヤ人の家庭に生まれ、4歳の時にピアノ演奏をするほどの天才児でした。

 

ライプツィヒの音楽院で短期間学んだ後、1876年にブリュッセルで学び、1880年にブダペストに赴いてフランツ・リストに師事しようとしましたが、当時リストはヴァイマルに居たため会えませんでした。

なお、少年時代についてはこれまで世界を股に翔けた冒険物語として伝記等で知られてきましたが、これらはアルベニス自身の話を書き留めたもので殆どが嘘である事が判明しています。

 

1905年から1909年の間に最も良く知られた作品、「イベリア」(1906年から1909年にかけて作曲)および12のピアノによる「印象」を書き、これはスペイン音楽としてだけではなく、古今のピアノ作品の中でも傑作として演奏会でも取り上げられる機会の多い作品集で、これらはギター用に編曲・演奏される機会が多いです。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索