音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

オルガン交響曲第5番 ヘ短調 Op.42 No.1 第5楽章 「トッカータ」

 

 

 

25歳でサン・シュルピス教会の終身オルガニストに就任

 

シャルル=マリー・ヴィドールはフランスのオルガン奏者・作曲家です。

 

父親から音楽の手ほどきを受けると、若くして才能を発揮。若干25歳でサン・シュルピス教会の終身オルガニストに就任しました。この職務は1870年から64年間に渡って続いています。

 

オルガニストとしてはパリでバッハの紹介に力を入れ、教育者としてもフランクの亡き後、パリ音楽院のオルガン科、及び作曲科の教授を務め上げました。

 

作曲科としては様々なジャンルの作品を書いたヴィドールですが、今日取り上げられるのはほとんどがオルガン作品です。

 

中でも10曲のオルガン交響曲が代表作で、終楽章「トッカータ」がヨーロッパの結婚式で親しまれている交響曲第5番が、最も有名なヴィドール作品といえるでしょう。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索