音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ロベルト・シューマン 【Robert Alexander Schumann】 (1810-1856)

 

 

ロベルト・アレクサンダー・シューマン(Robert Alexander Schumann, 1810年6月8日 - 1856年7月29日)はドイツの作曲家、音楽評論家。

 

ロマン派音楽を代表する一人で名ピアニスト、クララ・シューマン(Clara Josephine Schumann, 旧姓ヴィーク Wieck)は妻です。

 

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品はドイツ・ロマン主義の理念を音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているとみなされます。

シューマンの旋律はそれまでのどの作曲家の作品とも違い、鋭い表現力を持ったものであり、和声的にも法則を最大限に活用して斬新な響きを作り出しました。

 

またリズムにも特徴があり、付点音符やシンコペーションを多用して力強さや浮遊感を表現し、さらに度々微細な動機を「モットー」として取り上げて、曲全体に関連性の糸を張りめぐらし楽曲構成の基礎にしました。それは時折隠されたものでした。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索