音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

4つの即興曲 Op.90/D.899 第2番 変ホ長調

 

 

彩りある個性が見られる自由な旋律美

 

4つの即興曲Op.90/D.899は、シューベルトの晩年1827年頃に作曲されたピアノ独奏曲です。

 

4つの即興曲Op.90/D.899では、構成的な追求よりも自由な旋律美を優先させていて、それぞれが自由に彩りある個性を見せています。

 

同時期に作曲された即興曲集Op.142/D.935の、一つのソナタに見たてられるのとは異なった構成で、流麗でロマン溢れる旋律が特徴的です。

 

作曲された1827年に第1曲・第2曲が出版され、遅れて1857年に第3曲・第4曲が出版されました。「ソナタ」や「さすらい人」ほどは難しくないとされ、よく学習の教材として扱われています。

 

第2番の変ホ長調は、ロンド形式でチェルニーの練習曲に似た三連符の無窮動、音階が中心なのでピアニスティックな技巧が垣間見られます。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索