音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

野ばら -Heideröslein- Op.3-3 D.257

 

 

『魔王』と並ぶシューベルト初期の傑作歌曲

 

ゲーテの詩の一つで1799年に出版された『野ばら』に、曲をつけて歌曲に仕立てたシューベルトの歌曲。

 

『野ばら』の詩は、ゲーテが1771年にシュトラースブルク(ストラスブール)に滞在していた時に書かれたもので、フリーデリーケという女性に恋をしその女性に贈られたものです。

 

ゲーテの『野ばら』の詩は傑作と評価されており、シューベルト、ハインリッヒ・ヴェルナー、ベートーヴェン、シューマン、ブラームスを始め、多くの作曲家がこの詩に曲を付けています。

 

その数は150を越えると言われ、中でもシューベルトとウェルナーのものが特に知られ、日本では近藤朔風の訳詩によって長く親しまれてきました。

 

歌曲王シューベルトのリートの中でも最も知られる代表的な作品で、リート形式の見本というべき曲想に、ゲーテによる原詩のもつ繊細な世界が昇華されています。

 

 

 

  • シューベルト版・近藤朔風 訳

 

童は見たり 野なかのばら 清らに咲ける その色愛でつ
飽かず眺む 紅におう 野なかのばら

 

手折りて往かん 野なかのばら 手折らば手折れ 思い出ぐさに
君を刺さん 紅におう 野なかのばら

 

童は折りぬ 野なかのばら 折られて哀れ 清らの色香
永久にあせぬ 紅におう 野なかのばら

 

  • ウェルナー版・近藤朔風 訳

 

童は見たり 荒野のばら 朝とく清く 嬉しや見んと
走り寄りぬ ばら ばら赤き 荒野のばら

 

われは手折らん 荒野のばら われはえ耐えじ 永久に忍べと
君を刺さん ばら ばら赤き 荒野のばら

 

童は折りぬ 荒野のばら 野ばらは刺せど 嘆きと仇に
手折られにけり ばら ばら赤き 荒野のばら

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索