音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

《軍隊行進曲》 Op.51 第1番

 

 

管弦楽編曲版でも演奏されることの多い有名曲

 

全部で4つある行進曲集のうちの『3つの軍隊行進曲』は、シューベルトがピアノ連弾のために作曲した曲集で、第1番が特に有名であり、管弦楽編曲版や吹奏楽編曲版、ピアノ独奏版でもよく演奏されています。

 

『3つの軍隊行進曲』は、シューベルトがエステルハージ伯爵家の娘の教師を務めていた1818年に作曲され、1826年にアントニオ・ディアベリにより出版されました。

 

18世紀後半から流行したピアノ連弾のための行進曲で、いずれもファンファーレ風の音形を伴った勇壮な主題に始まり、下属調のトリオを挟んだ3部形式で書かれています。

 

シューベルトは楽団を雇うほど裕福ではなかったため、ピアノでオーケストラを表現しようとピアノ連弾曲を数多く書き残しました。

 

ベートーヴェンより27歳年下のシューベルトは、ベートーヴェンが活動の拠点としていたオーストリアのウィーンに生まれ、若い頃からベートーヴェンの活躍を肌で感じ音楽を心から敬愛していました。

 

ベートーヴェンはこの世を去る前、30歳になるシューベルトを招き入れ、「シューベルトは私の魂を持っている、今に世界にその名を知られる人だ」と言って賞賛しました。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索