音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D821 第2-3楽章

 

 

愛すべき旋律に満ちた親しみ深いシューベルトの作品

 

「アルペジオーネ・ソナタ」は、楽器制作者またはアルペジオーネを愛奏していたという、チェロ奏者シュースターからの依頼で作曲されたものと考えられています。

 

出版されたのは、作曲された1824年から遅れて1871年になってからのことで、その際「代用しうるチェロ・パートをつける」形で公刊されています。

 

アダージョの優美な三部形式による第二楽章は、童謡のような懐かしさと郷愁を持った音楽で、美しい旋律のなかにも深い寂しさが感じられます。

 

アレグレットのロンド形式による第3楽章では、ハンガリー音楽に影響を受けたことが垣間見られる、少し激しいスラヴ的なものを感じさせる中間部があります。

 

シューベルトが作曲する前に、ハンガリーのエステルハージ家に仕えて耳にした音楽が影響しているとも言われています。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索