音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

弦楽四重奏曲第13番 イ短調 《ロザムンデ》 D804 第2楽章

 

 

 

存命中に出版された唯一の弦楽四重奏曲

 

シューベルトの弦楽四重奏曲として今日でもよく知られているものには、この『ロザムンデ』と同時期に作曲された第14番「死と乙女」があります。

 

弦楽四重奏曲第13番には、当劇音楽《キプロスの女王ロザムンデ》中の、アンダンティーノの間奏曲第3番がその第二楽章に用いられています。

 

そうした事情によってこの弦楽四重奏曲第13番は、一般に《ロザムンデ》の名で呼ばれるようになりました。

 

劇《キプロスの女王ロザムンデ》はあまり上等の出来とは言えない内容だったようで、上演されたものの僅か二日で打ち切られてしまいました。

 

シューベルトが作曲した音楽だけは好評で、今日に至るまで色々な形で聴かれ続け、また間奏曲や序曲などが現在でも盛んに演奏されています。

 

ソナタ形式による第一楽章、劇からの引用を持つ第二楽章、メヌエットの第三楽章、そしてソナタ形式による第四楽章、この弦楽四重奏曲は伝統的な四つの楽章で構成されています。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索