音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

フレデリック・ショパン 【Frédéric François Chopin】 (1810-1849)

 

 

フレデリック・フランソワ・ショパン (Frédéric François Chopin, ポーランド名: フリデリク・フランツィシェク・ショペン Fryderyk Franciszek Chopin, 1810年3月1日(2月22日(出生証明の日付)、1809年3月1日説あり) - 1849年10月17日)は、ポーランド出身の前期ロマン派音楽を代表する作曲家。

 

当時のヨーロッパにおいて、ピアニストとしてまた作曲家としても有名で、その作曲の殆どをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人とも呼ばれるように様々な形式や美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開きました。

 

ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人でもあります。

生涯を通じて肺結核に悩まされた病弱の芸術家であり、残された肖像画などからも赤みがかった頬等でその徴表が見られますが、そうした繊細なイメージとよくマッチした作風のものばかりではなく、そうした自らの中の閉塞感を打破しようとする想いや、大国ロシア帝国に蹂躙される故国ポーランドへの想いからか情熱的な作風の曲も多く見られます。

 

後半生は大部分をフランスで過ごしましたが、望郷の思いは終生止むことがなく、死後に心臓が遺言によりポーランドに持ち帰られ、ワルシャワの聖十字架教会に埋葬されました。

 

故郷を支配する列強への反発心は若い頃から強く、「美しい花畑の中に大砲が隠されている音楽」(シューマン)と評されることも度々あります。

 

また、女性との愛の遍歴も伝説を交えて語られることがありますが、特に女流作家ジョルジュ・サンドとの9年に及ぶ交際の間には、『24の前奏曲集』『幻想曲』『バラード第4番』『英雄ポロネーズ』『舟歌』『幻想ポロネーズ』等数多くの傑作が生まれました。

 

協奏曲

 

ノクターン

 

エチュード

 

ポロネーズ

 

前奏曲

 

ワルツ

 

バラード

 

ソナタ

 

 

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索