音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

エチュード Op.10-4 嬰ハ短調

 

 

優れた芸術性も備える練習曲

 

第4番は「Torrent(激発、迸り)」の愛称で呼ばれることもあり、1曲の中で様々な技術を要するとされ、指の敏速さと独立性を目的とした練習曲で、右手と左手の均等性も求められます。

 

他の曲のように特定の動きに特化して指を酷使したりせず、第4番ではすべての指の動きがバランスよく配置されています。

 

とにかく速いパッセージで弾きこなしますが、ある意味機械的に進んでいきますので、演奏者への局所的な負担が少ない割には、極めて激しく情熱的な演奏効果をあげることができるとも言えます。

 

ショパンのエチュードはピアノの練習用でありながら、同時に優れた芸術性を備えていて、音楽的表現の練習も含まれています。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索