音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

バレエ組曲《くるみ割り人形》 Op.71a から 「花のワルツ」

 

 

 

ウィーン風のワルツに乗せてハープのカデンツァが描く美しき花々の輪舞

 

第8曲「花のワルツ」はバレエ音楽に留まらず、クラシック音楽の全体の中でも非常にポピュラーな曲であり、単独で演奏されることも多い作品です。

 

組曲中で最も人気の高い「花のワルツ」は、デコレーションクリームの精たちが踊る場面で流れます。

 

序奏では、美しいハープのカデンツァ(即興的独奏)に始まり、続いてホルンにより主題が提示され、そして弦による有名なワルツの旋律に入ります。

 

さらにフルートがウィーン風のメロディーを提示し、情熱的なヴィオラ・チェロが続いていき、大交響楽的なクライマックスを迎えます。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索