音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ヨーゼフ・ヨアヒム・ラフ 【Joseph Joachim Raff】 (1822-1882)

 

 

ヨーゼフ・ヨアヒム・ラフ(Joseph Joachim Raff, 1822年5月27日 - 1882年6月24日/25日)はスイスのピアニスト・作曲家。

 

チューリッヒ湖畔の小さな町ラッヘン(Lachen)で生まれ、学校の教師をしながら日曜コンサートなどに出演していましたが、1845年にバーゼルにやってきたリストのコンサートを聞き、そのままリストの演奏旅行についてドイツへ行きます。

 

ドイツではメンデルスゾーンや生涯の友となったハンス・フォン・ビューロー等と知り合いますが、一時スイスへ戻ります。

 

1849年にラフはヴァイマルのリストの助手として雇われドイツに移り、リストの少なからぬ作品のオーケストレーションを手がけるなどしてその力量を証明したラフは、1851年に歌劇「アルフレッド王」を完成させてワイマールで発表します。

しかし、この作品は一定の評価を得るも成功とまでは言えない程度でした。1856年にリストの元から独立しヴィースバーデンに移ったラフは、1857年にピアノと管弦楽のための「春への頌歌」を完成させ、友人のビューローの独奏によって初演されます。

 

これが成功して作曲家としての足がかりを得ました。1859年ヴィースバーデンで結婚し、この年に発表したヴァイオリンとピアノのための6つの小品の中の「カヴァティーナ」が人気となり、サロンなどで演奏されるために数知れない程の編曲が行われたと思われます。

 

この翌年に交響曲第1番「わが祖国」が完成し、ラフが41歳の時にウィーン楽友協会の主催するコンクールで第一位を取りました。

 

作曲家としてはいささか遅咲きではありましたが、彼はこの後に全部で11曲の交響曲をはじめ、室内楽や歌劇など膨大な作品を残しました。

 

1877年にフランクフルトのホッホ音楽院の院長に招かれ、そこで彼はクララ・シューマンを招聘するなど音楽院の水準を著しく向上させましたが、そのために作曲の筆はいささか鈍ることになり、1882年に同地で死去しました。

 

彼の注目すべき作品の多くは、1857年からの20年の間に書かれました。著名な弟子にはエドワード・マクダウェルなどがいます。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索