音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ルッジェーロ・レオンカヴァッロ~イタリアのオペラ作曲家レオンカヴァッロの作品 名曲と代表曲 【Ruggero Leoncavallo】 (1857-1919)

 

 

ルッジェーロ・レオンカヴァッロ(Ruggero Leoncavallo, 1857年3月8日ナポリ - 1919年8月9日モンテカティーニ)はイタリアのオペラ作曲家、台本作家。

 

ナポリ音楽院で学び数年間の教育活動の後、自作のオペラ上演の機会を得ようと努力しましたが果たせませんでした。

 

オペラ『道化師 (Pagliacci)』が1892年にミラノで上演されるとたちまち成功を収め、これは今日標準的なオペラの演目に残っている唯一のレオンカヴァッロ作品であり、それ以外の歴史的歌劇などは上演される機会はありません。

 

翌年に『メディチ家の人々 (I Medici)』を発表し、1896年には『チャタートン (Chatterton)』を発表しますが、どちらも興行的には失敗に終わりました。

 

その後のオペラには、『ザザ (Zazà, 1900年)』や『ベルリンのローラント (Der Roland, 1904年)』があります。

 

文才に恵まれ、また同時代のフランス文学に通暁していたレオンカヴァッロは、台本作家としてもそこそこの成功を収めました。

 

レオンカヴァッロは初期のオペラでは自ら台本を書いており、また他の作曲家のオペラの台本も書いていて、プッチーニの出世作『マノン・レスコー』の脚本にも協力しました。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索