音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

エドヴァルド・グリーグ~ノルウェー作曲家グリーグの作品 名曲と代表曲 【Edvard Hagerup Grieg】 (1843-1907)

 

 

エドヴァルド・ハーゲルップ・グリーグ(Edvard Hagerup Grieg、1843年6月15日 - 1907年9月4日) はノルウェーの作曲家。

 

グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目されました。なお、彼の肖像は旧500クローネ紙幣に描かれていました。

 

彼の民族音楽からの深い影響は組曲「ペール・ギュント」1曲目、「朝」の冒頭がノルウェーの民族楽器であるハリングフェーレの共鳴弦を、端からつま弾いた時の旋律から始まっていることからも窺うことができます。

 

グリーグはピアノのために数多くの小品を作曲しており、「北欧のショパン」と呼ばれることがあり、またピアノとヴァイオリンのために3曲のソナタを書きました。

 

数あるグリーグの作品の中でイプセンの戯曲『ペール・ギュント』への付随音楽と、イ短調のピアノ協奏曲が日本に於いて最も有名です。

 

グリーグの本領は、『抒情小曲集』と多数の歌曲に代表される小品に遺憾なく発揮されており、ピアノ曲や歌曲を管弦楽や弦楽合奏に編曲した作品も多くあります。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索