音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ジャック・オッフェンバック~フランス作曲家オッフェンバックの作品 名曲と代表曲 【Jacques Offenbach】 (1819-1880)

 

 

ジャック・オッフェンバック(Jacques Offenbach, 1819年6月20日-1880年10月5日)は、ドイツ生まれでフランスで活躍(後に帰化)した作曲家・チェロ演奏者・オペレッタ作曲家。

 

ジャック・オッフェンバックは父親の出身地(ドイツ・フランクフルト近郊のオッフェンバッハ・アム・マイン)から取ったペンネームで、本名はヤーコプ・レヴィ・エーベルスト(Jakob Levy Eberst)。

 

オペレッタの原型を作ったとも言われ、音楽と喜劇との融合を果たした作曲家であり、なおドイツ語読みでオッフェンバッハと呼ばれることもあります。

 

ジャック・オッフェンバックは1819年にケルンに生まれ、1833年にチェロの勉強をしにフランスのパリへ行き、1848年の三月革命を避けドイツに一時帰国しますが、間もなく戻りその後は終生パリに住んでいます。

 

演奏の傍ら作曲活動を続け、1850年にテアトル・フランセの指揮者になり、後の1855年には自らブフ・パリジャンという劇場を作成。

 

いくつものオペレッタを上演し人気を博し、1880年に没するまでに幾度もの演奏が行われました。爆発的な人気と反比例するかのように、痛烈な風刺や退廃的な快楽主義で知識人からの批判も多くありました。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索