音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ミハイル・グリンカ~ロシア作曲家グリンカの作品 名曲と代表曲 【Mikhail Ivanovich Glinka】 (1804-1857)

 

 

ミハイル・イヴァーノヴィチ・グリンカ(Mikhail Ivanovich Glinka、1804年6月1日スモレンスク近郊ノヴォスパスコイェ Novospasskoye - 1857年2月15日ベルリン)は、国外で広い名声を勝ち得た最初のロシア(ウクライナ系)人作曲家で、近代ロシア音楽の父と呼ばれます。

 

初めて真のロシア的音楽を作ったと言われるグリンカの作品は、ロシアのその後の作曲界に重要な影響を与えており、特に有名なのが「ロシア五人組」です。

 

このグループはグリンカの指導力を受け入れて、はっきりとロシア的な特質のあるクラシック音楽を創造しました。

 

グリンカ作品のうち、歌劇《皇帝に捧げた命》と《ルスランとリュドミラ》の二つは、ロシア最大の詩人アレクサンドル・プーシキン原作の台本であり、これらの序曲が度々演奏会でも演奏されて有名です。

 

管弦楽曲はあまり有名ではないですが、それでも交響詩《カマリンスカヤ》や《ホタ・アラゴネーサ》などの作品があります。

 

また、数ヶ国語をマスターしていたほどの大変な旅行家であった彼は、ロシアの民俗音楽だけではなく、旅先で触れた各国の民俗音楽を吸収したり自作に取り入れたりしています。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索