音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

パブロ・デ・サラサーテ~作曲家・音楽家ヴァイオリン奏者サラサーテの作品 名曲と代表曲 【Pablo Martín Melitón de Sarasate】 (1844-1908)

 

 

パブロ・マルティン・メリトン・デ・サラサーテ・イ・ナバスクエス(Pablo Martín Melitón de Sarasate y Navascuéz, 1844年3月10日 - 1908年9月20日)は、スペインのバスク地方のパンプローナに生まれた作曲家、ヴァイオリン奏者。

 

8歳の時に初めての公演し、10歳の時にスペイン女王イサベル2世の前で演奏を披露しました。

 

その後パリ音楽院で学び、13歳の時ヴァイオリン科の一等賞を得て、1860年代頃から演奏家としての活動を始め、1865年には一番初めに仲良くなったサン=サーンスと演奏旅行をしました。

 

サン=サーンスはサラサーテに、「序奏とロンド・カプリチオーソ」「ヴァイオリン協奏曲第3番」などを献呈しています。

 

サラサーテは、またラロの「スペイン交響曲」、ブルッフの「ヴァイオリン協奏曲第2番」、「スコットランド幻想曲」の初演者、被献呈者でもあります。

 

サラサーテの華麗な名人芸は、チャイコフスキーやブラームスなどにも影響を与えました。1908年9月20日に、慢性気管支炎のためビアリッツ(フランスのバスク地方の町)で死去しました。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索