音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

カミーユ・サン=サーンス~フランス作曲家サンサーンスの作品 名曲と代表曲 【Charles Camille Saint-Saëns】 (1835-1921)

 

 

シャルル・カミーユ・サン=サーンス(Charles Camille Saint-Saëns, 1835年10月9日 - 1921年12月16日)はフランスの作曲家、オルガニスト、ピアニスト。

 

現在では組曲『動物の謝肉祭』、交響曲第3番『オルガン付き』、交響詩『死の舞踏』などが特に有名で、その作風は折衷的あるいは穏健かつ知的と言われています。

 

1835年に官吏の家庭に生まれ、モーツァルトと並び称される神童タイプで、2歳でピアノを弾き3歳で作曲をしたと言われています。

 

また10歳でバッハ、モーツァルト、ベートーヴェンたちの作品の演奏会を開き、16歳で初めての交響曲を書き、1848年に13歳でパリ音楽院に入学して作曲とオルガンを学びます。

 

やがて作曲家兼オルガニストとして活躍し、特にオルガンの即興演奏に素晴らしい腕を見せた彼は、1857年に当時のパリのオルガニストの最高峰と言われたマドレーヌ教会のオルガニストに就任します。

 

1871年にはフランス音楽普及のために、フランク、フォーレらと共にフランス国民音楽協会を設立しました。1921年に旅行先のアルジェリアで亡くなりました。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索