音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

サン=サーンス:歌劇 《サムソンとデリラ》 Op.47から 「バッカナール」【サン=サーンス】~音楽作品 名曲と代表曲

 

 

 

歌劇の第3幕で登場するエキゾチックな旋律で人気の高い楽曲

 

「バッカナール」は歌劇 《サムソンとデリラ》の第3幕で登場する曲で、作品中でも特に人気の高い楽曲です。

 

歌劇 《サムソンとデリラ》は、旧約聖書の中でも特に有名な物語で、紀元前のパレスチナを舞台に、イスラエルの英雄サムソンと異教の姫デリラが繰り広げる愛憎劇です。

 

1869年サン=サーンスはこの物語に題材を得て作曲を始め、その後1872年に完成させて1877年に初演(ヴァイマール)を行いました。

 

現在でも上演されることの多い「サムソンとデリラ」は、生涯でサン=サーンスが書き残した数多くの歌劇の中でも、特に人気の高い作品で彼を代表するオペラの一つです。

 

「バッカナール」はエキゾチックな旋律が魅力の人気曲で、とても親しみやすくエネルギーに満ちた力強い楽曲となっています。

 

 

 
  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索