音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ヨハン・シュトラウス1世~ウィーン作曲家・指揮者シュトラウス1世の作品 名曲と代表曲 【Johann Strauß I】 (1804-1849)

 

 

ヨハン・シュトラウス1世(Johann Strauß I(Vater)、1804年3月14日 - 1849年9月25日)は、オーストリアのウィーンで活躍した作曲家、指揮者、ヴァイオリニスト。

 

ウィンナ・ワルツの基礎を築いたため、「ワルツの父」とも呼ばれています。遠祖はユダヤ系であるとも言われ、彼の名前をより正確に表現すると「Johann Baptist Strauß」となります。

 

1804年にウィーンで生まれ、1823年にヨーゼフ・ランナーの楽団に入団し、1827年に楽団を退団して自ら管弦楽団を結成します。

 

以後、宮廷の貴族らに音楽を演奏し、1849年にウィーンで死去(墓所はウィーン中央墓地にある)します。

 

長男・ヨハンが作曲家になることに父親である1世は反対しますが、止めることはできず、やがて自らの管弦楽団と対立するようになります。

 

長男にヨハン(後に2世)、次男にヨーゼフ(ヨハンに続く作曲家)、三男にエドゥアルト(シュトラウス一家の三男、作曲家)がいます。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索