音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ベドルジハ・スメタナ~チェコ作曲家スメタナの作品 名曲と代表曲 【Friedrich Smetana】 (1824-1884)

 

 

ベドジフ・スメタナ(またはベドルジハ・- / ベトルジヒ・-、チェコ語:Bedřich Smetana[ˈbɛdr̝ɪx ˈsmɛtana] 、1824年3月2日 - 1884年5月12日)はチェコの作曲家。

 

「ヴルタヴァ」(モルダウ)を含む一連の6つの交響詩から成る『わが祖国』(Má Vlast)が特に知られ、ドイツ語名Friedrich Smetanaでも知られています。

 

若い頃にピアノとヴァイオリンを学び、家族の参加していた趣味的な弦楽四重奏団で演奏していました。

 

父親の抵抗にも拘らず音楽を学ぶためにプラハへ赴いたスメタナは、ある貴族の家の音楽教師の座を獲得し、1848年には作曲家リストからの資金援助を受け、彼自身の音楽学校を設立しました。

 

1874年に梅毒に起因して中途失聴者となりますが、作曲活動を続けこの出来事の後に書かれた代表的な作品に『わが祖国』があります。

 

1884年にスメタナは梅毒の進行による脳障害により正気を失い、プラハの精神病院へ収容され、この地で生涯を終えました。ヴィシェフラットの民族墓地に葬られています。

 

スメタナは明確にチェコの個性の現れた音楽を書いた最初の作曲家であると言われ、そのためチェコ国民楽派の開祖とされています。

 

彼の歌劇の多くはチェコの題材に基づいており、中でも『売られた花嫁』は喜劇として最もよく知られています。

 

彼はチェコの民俗舞踊のリズムを多用し、また彼の書いた旋律は時として民謡を彷彿とさせます。彼は同じ様にチェコの題材をその作品中に用いた作曲家として知られる、アントニン・ドヴォルザークに大きな影響を与えました。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索