音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

フランツ・ドップラー 【Albert Franz Doppler】 (1821-1883)

 

 

フランツ・ドップラー(ハンガリー語: Doppler Albert Ferenc;Albert Franz Doppler、1821年10月16日 オーストリア領ガリツィア・ルヴフ – 1883年7月27日 バーデン・バイ・ウィーン)はフルート曲で有名なハンガリー人の作曲家。

 

生前はオペラやバレエなどの舞台音楽の作曲家として評価が高く、またリスト・フェレンツの『ハンガリー狂詩曲』のいくつかを編曲したことでも知られています。

 

1828年から1831年までオーボエ奏者であった父親からフルートの指導を受け、18歳でブダペスト歌劇場の首席フルート奏者に就任。

 

その後はウィーン宮廷歌劇場の首席フルート奏者から首席指揮者の地位へと昇り詰め、1864年から1867年までウィーン音楽院のフルート科の教授も務めました。

オペラやいくつかのフルート協奏曲のほか、超絶技巧を要する華麗なフルート小品を残しています。

 

フルート二重奏曲やフルート二重奏のための協奏曲といった作品は、フルートのヴィルトゥオーソ兄弟としてヨーロッパ中を席巻した弟カールとのデュエットのために作曲されています。日本では東洋的な曲想を持つ『ハンガリー田園幻想曲』作品26が人気が高い。

 

弟カール・ドップラー(ドップレル・カーロイ) Karl Doppler 共々、フルートのヴィルトゥオーソにして作曲家でありました。

 

カールの子である甥アールパード・ドップラー(ドップレル・アールパード Árpád Doppler)も、作曲家となり米国で活動しました。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索