音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

リッカルド・ドリゴ~イタリアのバレエ作曲家ドリゴの作品 名曲と代表曲 【Riccardo Eugenio Drigo】 (1846-1930)

 

 

リッカルド・エウジェニオ・ドリゴ(Riccardo Eugenio Drigo, 1846年6月30日 パドヴァ - 1930年10月1日 同地)はイタリアのバレエ作曲家、指揮者。

 

ロシア・サンクトペテルブルクの国立バレエ団(Imperial Ballet)のカペルマイスター、及び音楽監督としての長いキャリアで知られます。

 

ドリゴはパドヴァで家族の友人Antonio Jorichに音楽を習った後、ヴェネツィアの音楽学校でアントニオ・ブッツォーラ(ガエターノ・ドニゼッティの教え子)に師事しました。ドリゴはピアノ教師を務め、また故郷で作曲家・指揮者として成功を収めました。

 

1878年にドリゴはロシアへ移住し、この地で40年以上を過ごすことになります。1879年にサンクトペテルブルクでイタリア・オペラの指揮者に任命され、1886年にこの地位を辞して国立バレエ団の指揮者・作曲家の地位に就きます。

 

ドリゴはロシアで最先端のダンサーや振付師たち(マリウス・プティパ、レフ・イワノフら)と共に活動し、最初に指揮したのはチャイコフスキーの『眠れる森の美女』と『くるみ割り人形』でした。

 

1899年にプティパ振り付けのバレエ『海賊』(Le Corsaire, サンクトペテルブルク、1899年)第二幕の有名なパ・ド・ドゥの音楽を作曲しました。ドリゴ自身が作曲を行った作品は有名なものでした。

 

1900年に初演されたバレエ『百万長者の道化師』(Les Millions d’Arlequin)は、国際的な名声を得ることとなりました。

 

ドリゴは自主的に亡命のような状態に身を置いたものの、時折はイタリアを訪れ続け、最終的に彼はロシア革命後のロシアに身を置けなくなり1920年にパドヴァへと戻りました。

 

その後、地元の劇場のためのバレエ作品を数作作曲し、1930年に故郷パドヴァにて逝去。84歳の生涯でした。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索