音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

歌劇 「トゥーランドット」より アリア「誰も寝てはならぬ」

 

 

 

テノール歌手によって朗々と歌い上げられる歌劇の代名詞的作品

 

イタリアのルッカに生まれたプッチーニは、同地の音楽院で学んだ後、ミラノ音楽院でアミルカーレ・ポンキェルリなどに師事しました。

 

ヴェルディ以後のイタリアが生んだ最大の歌劇作曲家であり、抒情的な旋律の美しさに際立った才能を発揮しました。

 

「誰も寝てはならぬ」は、歌劇《トゥーランドット》の第3幕で登場するアリアで、テノールのための名アリアとして有名であり、世界的には『誰も寝てはならぬ Nessun dorma(ネッスン・ドルマ)』という歌い始めの歌詞からの題で親しまれています。

 

《トゥーランドット》は古代中国の北京を舞台とする3幕物の歌劇で、1926年にイタリア・ミラノで初演が行われました。「誰も寝てはならぬ」のアリアは、最終幕である第3幕でカラフによって歌われます。

 

ルチアーノ・パヴァロッティが著名な歌い手として知られ、「誰も寝てはならぬ」が世界的に有名になるきっかけを作った人物でもあります。

 

パヴァロッティの「誰も寝てはならぬ」は単体でシングル発売され、クラシックとしては異例の全英だけで400万枚以上、全世界1200万枚以上の驚異的セールスを記録しました。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索