音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

5つの歌曲 Op.49 第4番「子守歌」

 

 

最も親しまれているクラシックの子守歌の一つ

 

「子守歌」は《5つの歌曲》Op.49の第4番目の歌曲で、”ブラームスの子守歌”として親しまれ、民謡と同等に扱われることもあります。

 

1868年7月ボンにおいて、ブラームスの友人であったベルタ・ファーバーの第2児出産祝いを記念して作曲された作品で、代表的な子守唄の一つとして広く知られています。

 

ファーバーはハンブルグでブラームスが指導していた女声合唱団の一員で、特にブラームスとは親しかったと伝えられています。

 

1868年に『5つの歌曲』Op.49のうちの一曲として出版され、初演は1869年12月22日ウィーンにおいて、ルイーズ・ドゥストマンとクララ・シューマンによって行われました。

  • 原詩(ドイツ語)

Guten Abend, gut' Nacht
Mit Rosen bedacht
Mit Naglein besteckt
Schlupf unter die Deck'
Morgen fruh, wenn Gott will Wirst du wieder geweckt
Morgen fruh, wenn Gott will Wirst du wieder geweckt

 

Guten Abend, gute Nacht,
von Eng'lein bewacht,
die zeigen im Traum
dir Christkindleins Baum;
schkaf'nun selig und suess, schau' im Traum's Paradies,
schkaf'nun selig und suess, schau' im Traum's Paradies.

  • 日本語訳(意訳)

おやすみなさい お眠りなさい
バラと撫子に囲まれ
布団の中へお入り
朝が来て 神の意志により
貴方はまた目覚める

 

おやすみなさい お眠りなさい
天使達に見守られ
キリストの子の木を夢見ん
安らかに眠れ 夢の楽園の中で

シェーラーによる詩はどこまでもロマンティックでやさしく、ブラームスが曲を付けた子守歌は、シューベルトやモーツァルト(フリース)の作品などと共に、最も親しまれているクラシックの子守歌の一つです。

 

ゆりかごを思わせるシンコペーションを伴った音形に乗って素朴な旋律が歌われ、シンコペーション音形には、ファーバーが好んで歌っていたアレクサンダー・バウマンの作曲したレントラーの旋律が引用されています。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索