音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ヴィンチェンツォ・ベッリーニ 【Vincenzo Bellini】 (1801-1835)

 

 

ヴィンチェンツォ・ベッリーニ(Vincenzo Bellini 1801年11月3日-1835年9月23日)はシチリア島・カターニアに生まれ、パリ近郊で没しました。名字はベルリーニ、ベリーニとも表記します。

 

主にオペラの作曲家として有名で、ロッシーニやドニゼッティと共に19世紀前半のイタリアオペラ界を代表する天才作曲家。

 

中でも特にベッリーニについてはショパン、ベルリオーズ、ワーグナーらの賞賛と愛情の言葉を得ている事で知られ、父親も祖父も音楽家であり、音楽を学ぶ前から作曲を始めたという神童でした。

1819年(18歳)に貴族の後援者を得てナポリの王立音楽院に入学し、1825年(24歳)に音楽院内で公演されたオペラの処女作『アデルソンとサルヴィーニ』が認められます。

 

その後、オペラ『ビアンカとジェルナンド』『海賊』が相次ぎ成功し、1831年(30歳)にオペラ『夢遊病の女』を発表します。

 

大好評を博しますが、自身では管弦楽法の未熟さを認識しており、改めて学習したと言われています。

 

1835年(34歳)9月23日に病(慢性の腸疾患)によって短い生涯を閉じました。パリのペール・ラシェーズ墓地に埋葬され、その後遺体はカターニアに再埋葬されました。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索