音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ジュール・マスネ 【Jules Emile Frédéric Massenet】 (1842-1912)

 

 

ジュール・エミール・フレデリック・マスネ(Jules Emile Frédéric Massenet, 1842年5月12日 - 1912年8月13日)はフランスの作曲家。

 

オペラで最もよく知られ、その作品は19世紀末から20世紀初頭にかけて大変人気があり、後に殆どの作品が忘れ去られてしまいましたが、1980年代以来は時折リバイバルが起っています。

 

その中でも特に「マノン」と「ウェルテル」は、発表以来、世紀以上に渡って途切れることなく上演され続けています。

 

マスネは普仏戦争に兵士として従軍し、その間作曲活動を中断しましたが、1871年に戦争が終わると創作活動に復帰しました。

1878年からはパリ国立高等音楽院の教授を務め、同音楽院での彼の教え子にはギュスターヴ・シャルパンティエ、レイナルド・アーンやシャルル・ケクランなどがいます。

 

彼の最大の成功は1884年の「マノン」、1892年の「ウェルテル」、1894年の「タイス」で、後の作品として特筆すべき作品に「ドン・キショット(ドン・キホーテ)」があり、1910年にモンテカルロで初演され、ロシアの伝説的バス歌手フョードル・シャリアピンが主役を務めました。

 

オペラの他にバレエ、オラトリオ、カンタータ、オーケストラ作品、また200以上の歌曲を作曲しています。

 

幾つかの作品は広範な人気を持ち今でも頻繁に演奏され、例えばバイオリン独奏とオーケストラで演奏される「タイス」の「瞑想曲」は殊に有名で、ピアノの練習曲としてよく用いられています。

 

オペラ「ル・シッド」の「アラゴネーズ」や、ピアノ曲「エレジー」もよく知られています。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索