音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ガブリエル・マリ 【Gabriel-Marie】 (1852-1928)

 

 

ガブリエル=マリ(Gabriel-Marie)ことガブリエル・プロスペル・マリ(Gabriel Prosper Marie, 1852年1月8日 パリ - 1928年8月29日 カタルーニャ)はフランスの指揮者、作曲家。

 

よく知られる小曲『金婚式』(La cinquantaine)の作者で、マリはパリ音楽院で学び、始めはピアノ奏者・ティンパニ奏者として活動し、1881年~1887年にコンセール・ラムルーの合唱指揮者を勤めました。

 

リヒャルト・ワーグナーに傾倒してバイロイトにも行き、1887年5月3日にシャルル・ラムルーがパリで初めて『ローエングリン』を上演したときは、その合唱を指揮しました。

 

1887年から1894年まで国民音楽協会(Société nationale de musique)の演奏会を指揮し、この協会はフランスの音楽を振興しました。

 

若手作曲家に作品発表の機会を与えるため、1871年にサン=サーンスらの主導で設立され、1886年からはセザール・フランク、1890年からはヴァンサン・ダンディが会長となりました。

マリは1891年からトロカデロ宮のオルガン演奏会の指揮も行い、トロカデロ宮は1878年のパリ万博に際して現在のシャイヨ宮のある場所に建築され、そのコンサートホールには大きなオルガンが設置されました。

 

1894年から1902年までは、ボルドーの聖セシリア協会管弦楽団(l’Orchestre de la Société Sainte-Cécile de Bordeaux、現在のボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団 Orchestre national Bordeaux Aquitaine)を指揮しました。

 

1902年にマルセイユへ移り住み、シーズン中のヴァカンスの時期は保養地のヴィシーのカジノで指揮し1912年に引退。

 

76歳の1928年8月にピレネーのピュイセルダ(Puigcerdà)で突然客死しました。なお、息子のジャン・ガブリエル=マリ(Jean Gabriel-Marie, 1907年 - 1970年)も作曲家として活動しました。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索