音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

エミール・ワルトトイフェル 【Émile Waldteufel】 (1837-1915)

 

 

エミール・ワルトトイフェル(Émile Waldteufel, 1837年12月9日ストラスブール - 1915年2月12日パリ)はフランスの作曲家。

 

大衆音楽の特にワルツ「スケートをする人々」「女学生」や、ポルカなどのダンス音楽の作曲家。

 

ストラスブールにてユダヤ系(アシュケナジム)の家庭に生まれ、出身地アルザスはドイツ語圏であり、1793年以前および1871年から1918年まではドイツ領でした。

 

ワルトトイフェルもその名が示す通り、シャルル・ミュンシュ、アルベルト・シュバイツァーらの多くのアルザス人と同じくドイツ系と言われます。

 

一族は音楽家で父ルイは有名なオーケストラの統率者で、兄レオンは人気の音楽家でした。レオンがパリ音楽院に入学したのを期に一家でパリに転出しました。

 

以降エミールは一生をこの地で過ごします。1853年から1857年までパリ音楽院でピアノを学び、同級生に有名なオペラ作曲家マスネがいました。

 

この間、父親のオーケストラがパリで最も有名な楽団となり、度々エミールも重要な行事に招かれて演奏しました。

 

28歳の時にナポレオン3世の皇后ウジェニーの宮廷ピアニストとなり、普仏戦争の後は、父親の楽団がエリゼ宮の大統領の間で演奏を行いました。

 

この頃にはエミール・ワルトトイフェルの名は、フランス上流社会の間では殆ど知られておらず、有名になったのはやっとのことの40歳になってからでした。

ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin, 1898年9月26日 - 1937年7月11日)は、アメリカの作曲家。ポピュラー音楽・クラシック音楽の両面で活躍し、「アメリカ音楽」を作り上げた作曲家として知られ、通称『完璧な音楽家』。

 

出世作となったのは、作詞家アーヴィング・シーザーとの共作になる1919年の歌曲「スワニー」で、人気歌手アル・ジョルソンに気に入られて彼が繰り返し歌ったことからヒットし、人気ソングライターとなります。

 

1920年代以降は、作詞家となった兄アイラ・ガーシュウィンと組んで、レビューやミュージカル向けに多くのポピュラー・ソングを送り出しました。

 

ガーシュウィン兄弟によって作られ、後年までスタンダード・ナンバーとして歌われている歌曲は、「私の彼氏」「バット・ノット・フォー・ミー」「アイ・ガット・リズム」などをはじめ、おびただしい数に上ります。

 

クラシックにも取り組み、1924年には「ラプソディ・イン・ブルー」(Rhapsody in Blue)を発表。オーケストレーションにファーディ・グローフェの協力を得て、ジャズとクラシックを融合させたこの作品は、「シンフォニック・ジャズ」の代表的な成功例として世界的に評価されました。

 

その後独学でオーケストレーションを学び、いくつかの管弦楽作品を残しましたが、そのひとつである「パリのアメリカ人」(An American in Paris、1928年)は、よく知られている作品です。

 

兄アイラと作家デュボース・ヘイワードとの協力によって書かれ、黒人コミュニティの風俗をリアルに描いたフォーク・オペラ「ポーギーとベス」(Porgy and Bess)は、1935年にオール黒人キャストという意欲的な企画で初演されましたが、初演時は反響は得られませんでした。

 

後に評価が高まり、現在ではアメリカ音楽の古典となっています。劇中で歌われる「サマータイム」(Summertime)は、ポピュラーソングのスタンダードナンバーとして広く親しまれています。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索