音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ラプソディ・イン・ブルー(2台ピアノ版)

 

 

2台ピアノによるフルコーラス・ヴァージョン

 

原曲はピアノとジャズ・バンドのための楽曲で、ガーシュウィンは元々この曲をピアノとジャズバンドの共演曲と考えていましたので、個々のフレーズはやはりジャズ的なムードが漂っています。

 

ガーシュウィンが鋭い感性で捉えた<激動する20年代>のアメリカの社会の光と影、その背景には言い知れぬ虚無感と深い倦怠感が漂いますが、「ラプソディー・イン・ブルー」で鮮やかに描かれています。

 

アメリカ音楽が生んだ名作の一つとして、今もなお生命をもちえ続けています。

 

 

 
  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索