音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

エドワード・エルガー 【Sir Edward William Elgar】 (1857-1934)

 

 

サー・エドワード・ウィリアム・エルガー(Sir Edward William Elgar、1857年6月2日 - 1934年2月23日)はイギリスの作曲家・指揮者。

 

元々は音楽教師でヴァイオリニストでもあり、1889年にピアノの教え子だったキャロライン・アリス・ロバーツと結婚。

 

婚約に際しアリスのために作曲した「愛の挨拶」は後に広く知られるようになり、その頃は作曲家としては地元の合唱音楽祭のために作品を委嘱される程度でしたが、夫人の多大な協力もあり徐々に作曲家として認められるようになります。

1899年にハンス・リヒターの指揮による「独創主題による変奏曲」(「エニグマ(謎)」変奏曲)の初演の大成功によって、エルガーは英国中にその名を知られるようになりました。

 

さらに翌1900年のオラトリオ「ゲロンティアスの夢」はドイツ初演で大成功を遂げ、作曲家リヒャルト・シュトラウスから賞賛されるなど、エルガーの名声はヨーロッパ中に広まりました。

 

エルガーは1904年(47歳)のときにナイトに叙され、また1931年(74歳)准男爵にも叙されています。また、1924年(67歳)には「国王の音楽師範」の称号も得ていました。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索