音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

リヒャルト・シュトラウス 【Richard Georg Strauss】 (1864-1949)

 

 

リヒャルト・ゲオルク・シュトラウス(Richard Georg Strauss, 1864年6月11日 - 1949年9月8日)は、ドイツの後期ロマン派を代表する作曲家。

 

交響詩とオペラの作曲で知られ、また指揮者としても活躍しました。ウィーンのヨハン・シュトラウス一族とは血縁関係はありません。

 

彼は1864年6月11日にバイエルン王国のミュンヘンで、ミュンヘン宮廷歌劇場の首席ホルン奏者であったフランツ(Franz Strauss, 1822年-1905年)の子として生まれ、母親はミュンヘンの有名なビール醸造業者(プショール醸造所)の娘でした。

リヒャルトは幼い頃から父親によって徹底した保守的な音楽教育を受け、非常に早い時期から作曲を始めました。

 

1882年にミュンヘン大学に入学し、1年後にはベルリンに移りました。そこで彼は短期間学んだ後、ハンス・フォン・ビューローの補助指揮者の地位を得て、1885年にビューローがミュンヘンで辞任するとその後を継ぎました。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索