音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

交響詩《英雄の生涯》Op.40 1. 英雄

 

 

R.シュトラウスが夢想する最後の交響詩

 

R.シュトラウスは、ミュンヘンの音楽家の家庭に生まれ、父は宮廷管弦楽団のホルンの名手として知られ、また音楽学校の教授も務めていました。

 

早くから楽才を見せ、6歳から作曲を始めて神童と呼ばれ、ミュンヘン大学で美学・哲学を学びますが、ひたすら作曲に励みワーグナーに傾倒します。

 

21歳の時に当時の大指揮者ハンス・フォン・ビューローのもとで副指揮者となり、作曲家と指揮者の二つの道を本格的に歩むことになります。

 

作曲家としての成功は、24歳の交響詩「ドン・ファン」によってであり、また指揮者としては1919年からウィーン国立歌劇場指揮者として、その人気の絶頂を極めました。

 

後半生はもっぱら作曲家としての活動に専念し、今世紀前半のドイツ作曲界に君臨しました。「英雄の生涯」は、R.シュトラウスが34歳の時の作品です。

 

わずか30代半ばのR.シュトラウスも夢想の中でひとりの「英雄」として、これまでの自分の業績を讃美し、『英雄の生涯』に結晶していく彼の最後の交響詩となりました。

 

 

 
  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索