音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

交響詩 「死と変容」 Op.24

 

 

死を迎える人間を描いていく交響詩

 

1888~1889年に作曲された交響詩『死と変容』は、現在も演奏される機会が多く人気のある作品です。

 

『死と浄化』とも呼ばれる『死と変容』は、あまり体が丈夫でなかったR.シュトラウスが大病を患った後に作曲された作品です。

 

楽譜の表紙には彼の友人が作った一つの詩が添えられていて、そこには「死の床にある人間が、自分の死を前にいくつかの想いを浮かべ、必死にあらがいながらも最期は死を迎え、そしてこの世から開放されていく」という姿が書かれています。

 

暗鬱としたトーンから始まる音楽は、時には清らかな優しい音も奏でながら、死を迎える人間を描いていき、キリスト教の宗教観も感じられる最後は、「変容」よりも「浄化」の方が曲のイメージが近いでしょう。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索