音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

カール・タイケ 【Carl Albert Hermann Teike】 (1864-1922)

 

 

カール(・アルベルト・ヘルマン)・タイケ(Carl Albert Hermann Teike, 1864年2月5日 - 1922年5月22日)はドイツの作曲家。

 

軍楽隊のために100曲以上の行進曲と演奏会用の20曲を残し、吹奏楽の作曲家として有名。

 

ポンメルンのシュテッティーン=アルトダムにて鍛冶屋の息子に生まれ、実家は子沢山で14人兄弟の第4子でした。

 

14歳で音楽の学習を始め様々な楽器をこなし、19歳でヴュルテンベルク王国の陸軍に楽隊員として入隊し、カール王第123師団に配属されました。

 

シュヴァーベンの都市ウルムに駐在し、地元の劇場オーケストラのために、ホルンや打楽器の演奏家としても活動します。

作曲家としての活動は軍隊行進曲の作曲をもって始まり、後に「旧友」(Alte Kameraden )と名づけられた1889年の楽曲もその一つです。

 

タイケの作曲した歌曲は20マルクで売れ、楽隊長に作品を認められなかった(「旧友」ですら上官に「ストーブの薪にしてはどうか?」と酷評された)ことから陸軍を退き、ウルムの警察官に転職し地主の娘と結婚しました。

 

1895年にブランデンブルク州のポツダムに移り、病気のために1908年に退職するまで警察官として勤務を続け、その後は東部ブランデンブルクのランツベルク=アン=デア=ヴァルテで郵便局員となり同地で1922年に逝去。

 

行進曲「旧友」はタイケの代表作であるだけではなく、世界的に最も有名なドイツの軍隊行進曲の一つです。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索