音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

モーリス・ラヴェル 【Joseph-Maurice Ravel 】 (1875-1937)

 

 

ジョゼフ=モーリス(モリス)・ラヴェル(Joseph-Maurice Ravel, 1875年3月7日 - 1937年12月28日)はバスク系フランス人で、バレエ音楽『ボレロ』の作曲、『展覧会の絵』のオーケストレーションでよく知られたフランスの作曲家。

 

「オーケストレーションの天才」「管弦楽の魔術師」と言われる卓越した管弦楽法、「スイスの時計職人」(ストラヴィンスキー談)との評もある精緻な書法が特徴的です。

 

母方の血筋であるスペインへの関心は様々な楽曲に見い出され、「ヴァイオリン・ソナタ」「ピアノ協奏曲ト長調」などにはジャズの語法の影響も見られます。

ラヴェルはドビュッシーと共に印象派(印象主義)の作曲家に分類されることが多いですが、ラヴェルの作品はより強く古典的な曲形式に立脚しており、ドビュッシーとは一線を画していました。

 

ただし自身への影響を否定はしながらも、ドビュッシーを敬い評価し、1902年には実際に対面も果たしています。また、ドビュッシーもラヴェルの『弦楽四重奏曲 ヘ長調』を高く評価するコメントを発表しています。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索